マニュアル車とオートマ車は何が違う?それぞれのメリット・デメリットとは

新車はオートマ車が増えている

初めて免許を取ろうと思っている方

初めて免許を取りに行こう考えると、沢山の疑問が浮かぶと思います。
免許は取りたいけれど、正直ATとMTの異なる点がよく分からない方も多いようです。
AT免許は「オートマ」、MTは「マニュアル」と呼ばれているのですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。
走り出す際は、力がいるため軽く回せるギアに、スピードが出ると重いけれど、早く走れるギアにシフトアップ、止まったら再び軽いギアに戻します。
クラッチ操作不要・自動でギアチェンジしてくれる・AT車のみ運転が可能・日本では普通車はほとんどがAT車です。
AT車は、1速〜4速のギアですが、まれに7速、8速が用意されています。
オートマチックという名の通り、状況に合ったクラッチ操作などを自動で行なってくれるので、困難な操作は必要としない車の事です。
そのためAT車は、ブレーキペダルとアクセルペダルのみで、MT車にあるようなクラッチペダルは付いていません。

マニュアル車の特徴について

現在発売されている車の98パーセントがATと言われています。
日本車は、ほぼAT車となりつつあるため、趣味や仕事でMT車に乗る方以外はAT車の免許でも困らないでしょう。
MT車の特徴については、ギアチェンジやクラッチの操作が必要・変速を手動で行う・AT・MT車両方運転が可能です。
クラッチ・ギアチェンジ操作を自身の手足で行う車です。
ギアチェンジする際は、クラッチペダルを踏み・シフトレバーを動かす・クラッチペダルをゆっくり元に戻すという動きになります。
ギアの組み換えをする際には、クラッチを踏むことによりエンジンから伝わる動力を一旦切り離すことが可能です。
シフトレバーでギアを組み換え、再びクラッチを繋ぐのがMT車の操作です。
左足と左手を使わなくてはいけないため、AT車より難しくなります。
また、クラッチのつなぎ方次第でとエンストが起きることがあります。


この記事をシェアする