マニュアル車とオートマ車は何が違う?それぞれのメリット・デメリットとは

切り替えの早さが求められる車や工事用車両もマニュアル車

オートマ車限定の免許がある

オートマ車のメリットについては、選べる車種が多く・運転操作が簡単でエンストする心配がないというのが大きいです。
運転操作が楽という点については、何度も説明していますので省略しますが、選ぶことが可能な車種がマニュアル車と比較して圧倒的に多いのも特色の一つだといえます。
現在主流はオートマ車で、それに合わせて、オートマ車限定の免許もあるほどです。
そのため、オートマ車限定の免許を持っている方については、マニュアル車に乗ることはできません。
しかし、オートマ車限定の免許しか持っていなくても問題なく生活することが可能ということは、それだけオートマ車の割合が高いのです。
それに対してデメリットは、構造が複雑なため故障した場合修理が困難なことと、年式が古いとマニュアルよりも燃費が悪いというこの2点ではないでしょうか。
車は構造が複雑化すればするほど修理代が高く付き、時間もかかってしまいます。

マニュアル車もメリットやデメリットがある

次に、マニュアル車のメリット・デメリットとはどんなものがあるのでしょう。
マニュアル車のメリットは、トランスミッションの構造がシンプルである事・誤操作が少ない事・運転しているという実感を感じることができるという点です。
マニュアル車を選ぶ方も一定数いるのですが、ほとんどが運転しているという実感を感じる事ができるので選んでいるのではないでしょうか。
年配の方は、ブレーキとアクセルの踏み間違いが多発しています。
しかしマニュアル車ならば、踏み間違えた際エンストするので、誤操作による事故にはつながりにくい車だといえます。
そしてマニュアル車にも当然のことデメリットが存在します。
マニュアル車のデメリットは、免許を取得するのに時間がかかるという事、オートマ車と比較して、操作が複雑で難しいという事の2つです。
マニュアル車の運転免許は、オートマ車より数時間長く授業を受ける必要があるため、その分料金も高くなります。


この記事をシェアする