マニュアル車とオートマ車は何が違う?それぞれのメリット・デメリットとは

オートマ車とマニュアル車との違いについて

マニュアル車が好きな方は多い

マニュアル車は、クラッチ操作が一番難しいとされるのは坂道発進が挙げられます。
マニュアル車に慣れていても、エンストしてしまうという事もある坂道発進なので、坂道によっては後退する車を制御しながら、前進しなければなりません。
また、渋滞の時などはスピードを出す事が不可能なため、常に半クラッチ状態を維持しなければなりません。
マニュアル車が好きな方は多くいると思いますが、マニュアル車には特有の癖があるため、その点が苦手という方の理由が多い一つだといえるでしょう。
それに対し、オートマ車では渋滞時や坂道発進にエンストするという心配はありません。
オートマ車の操作は、ブレーキとアクセルだけで完結しているため、アクセルを踏み込む必要はなく、ゆっくりと進むので渋滞の際にはブレーキ操作だけでいいのです。
このようにオートマ車は、運転がとても楽な車なので、運転が苦手だという方でも比較的円滑に走行する事ができるでしょう。

トランスミッションについては

マニュアル車とオートマ車の運転方法が違うということは、積み込まれているトランスミッションの種類が異なるということです。
マニュアル車については「マニュアルトランスミッション」と呼ばれるトランスミッションが積み込まれています。
このトランスミッションは、ミッションの中においても構造が一番簡単で、部品数少ないというのにも特徴があり、大きさが違う歯車の組み合わせにより変速を行います。
マニュアル車に対して、オートマ車のトランスミッションについては「オートマチックトランスミッション」といいます。
構造については、マニュアルよりも複雑なので、トランスミッションのクラッチにあたる部分にトルクコンバーターといわれる装置が搭載されています。
複雑なため詳しくは説明しませんが、オートマ車とマニュアル車では積み込まれているトランスミッションが異なるため、運転方法に違いが出ていると理解しておくと良いでしょう。


この記事をシェアする